鼻づまりの改善治療

当院では鼻づまりがひどい患者様に対して、下甲介切除術や粘膜下下鼻甲介骨切除術を行っております。

下甲介切除術

鼻の奥には下鼻甲介というひだがあります。この下鼻甲介は、花粉やハウスダストなどのアレルゲンに反応し、くしゃみや鼻水、鼻づまりなどの症状を引き起こします。薬や点鼻薬による治療で効果が得られない場合は、この下鼻甲介を切除し小さくすることで、症状を改善することが可能です。数年で再発してしまうこともあります。入院の必要はありません。

粘膜下下鼻甲介骨切除術

こちらもアレルギー性鼻炎などで鼻づまりがひどい方に有効な治療法です。下鼻甲介の中には、下鼻甲介骨という骨があります。この骨を切除することで、下鼻甲介が減量し、鼻の通りがよくなります。この治療は局所麻酔でできるため、入院する必要はありません。手順としては、局所麻酔の後、下鼻甲介の粘膜を切開し、下鼻甲介骨を露出させ、骨の一部を除去します。 また、下鼻甲介が肥大化し、常に鼻が詰まってしまってしまうような肥厚性鼻炎は、鼻中隔湾曲症に起因している場合があり、鼻中隔矯正術を同時に行うこともあります。

TOPへ戻る
口コミを見る口コミを書く